人工股関節プラザ

ホームページ用5

 しかし同時に考えられたのは“骨セメントを使用することに問題があるのではないか?”ということでした。

 骨セメントの原材料であるメチルメタクリレートには本来生体毒性があること、固まる時に発熱して周囲を傷害すること、固まった後ももろいので割れると人工関節が緩んでしまう、などの欠点があり、セメントを使用しない人工股関節ができないかという機運が盛り上がってきたのです。

 百花繚乱期の始まりです。

Top