人工股関節プラザ

ホームページ用10

 これらの結果随分人工股関節の成績は改善しました。しかしなおカップに使用するポリエチレンの摩耗の問題が残りました。その摩耗粉で骨が弱ってしまう(骨融解)という問題が残されていたのです。そこでパーティクル(摩耗粉)病という言葉が生まれ、この改善が企図されました。

 まずヘッドについて言えば、メタルヘッドよりセラミックヘッドの方が僅かですがポリエチレンの摩擦において勝ることが分かりました。

 しかし大方の関心は、それならポリエチレンを使わなければ良いのではないかという方向に向かいました。
 セメントの場合と同じですね!

 
 
 
 
 

Top